海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

バハ・カリフォルニア半島西海岸を南下 Ⅰ

バハ・カリフォルニア半島西海岸を南下 Ⅰ

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

マークの場所は寄港地、通過地の一部です。

エンセナダ - メキシコへ入港後、最初の港
サンキンティン -
トルトゥガス湾 -
サンタマリア湾 -
マグダレナ湾 -


気圧差、前線が原因の強風には出会うことがないのですが、海洋と接した、殺伐とした大陸。 時として、沿岸海域ではサーマル・ウインドと呼ばれる強風の洗礼を受けることがあります。 錨地などで停泊中でも、40ノット近い強風、引き起こす荒波。 同じ錨地で停泊中のヨット3隻が、岸に打ち上げられ、遭難した姿を目にしました。

昼夜の気温差が大きい、大陸と海洋が接する沿岸では、注意を怠ると、不愉快なクルージングになります。


エンセナダで予期しない、奥さんが邦人の家族、その友人、かつてのヨット仲間等にお会いして、楽しく過ごし、タカマミの整備も一段落した後、針路を南へ向け進みます。


最初は、思いで多いサンキンティンに向け、近くで天候を検討した後、続航かどうか判断の予定で出港。 目的地近くで、天候の落ち着きを確認した後、更に南へ向け続航です。


沿岸をセーリング中は、寄り道、昼間だけのセーリングを続けているタカマミですが、この沿岸は殺風景な土地柄、又静かな湾が少なく、注意しないと海草の繁茂している湾があり、不用意に接近できません。


次2面:
断崖が海岸まで迫り、樹木のない山岳地帯の連続です。
画像の説明




画像の説明




注意してよく観察してますと、稀に沿岸に住居の固まりが。 この海岸は街道から離れ、交通はどうなんでしょうか?
画像の説明




工業団地の廃墟? 平らな地帯に見られました。
画像の説明




出港後3日目の早朝、右にセドロス島を見ながら進むこと数時間、左に本土の山々が。
画像の説明




接近しても、人々の生活の臭いは、感ぜられません。
左からの岬と、島の間を抜けると、目的地はもう近くです。
画像の説明




トルトゥガス湾(別名もあるようです)の湾口が見えてきました。
画像の説明




湾内北寄りに小さい街(集落)があります。 一般に北側が、ウネリの影響が少ないので、多くの船はこの辺へ錨泊です。
画像の説明




錨地から、湾口南側を見る。
画像の説明




陸の光景。
画像の説明




この様に広々です。
画像の説明




以前は何か積み出したのでしょうか。 この様な突き出た桟橋の朽ちた残骸を見掛けます。
画像の説明




教会の建物は、何処でも、実生活に対して、違和感を感じます。
画像の説明




アメリカからのヨット。
画像の説明




このヨットも、サンフランシスコの少し北から、コスタリカを目的地に。 昨年アラスカのクルージングの時出会い、知り合いになり、お世話になりました。 偶然この地で出会い、お互いビックリ。
画像の説明




湾口南側に張り出している磯。 海鳥の住み家。
画像の説明




この湾の北側錨地で停泊中、錨地へ向かって吹く強風、約40ノット。 風波も凄いこと! タカマミを合わせ数隻のヨットは早めに南側の錨地へ。 
翌朝は何もなかったかのごとき静かな朝。 但し北側に残っていたヨット、この嵐で、3隻のヨットが岸へ打ち上げられ遭難を知らされました。

南側の錨地は、外海からウネリの影響があるので、通常は北側の錨地で停泊します。
翌日漁師一家が、獲物を売りに。 皆さんの笑顔どうですか!
頂きました。
画像の説明




海難に遭わなくて良かった! 何よりと祝杯です。 
画像の説明




南側陸地はこの様でした。
画像の説明




広~い湾の一部の様子。
画像の説明




近くでも魚影の濃い所です。
画像の説明




何の積み出し設備だったのでしょう? 広い湾内は色々の姿があります。
画像の説明


天気と相談の後更に南へ向かいます。





a:2111 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional