海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

ミチクサ・セーリング メキシコの音楽に誘われ 上

ミチクサ・セーリング メキシコの音楽に誘われ 上

  • 11月30日、メキシコ・エンセナダへ入国以来、カリフォルニア半島、カリフォルニア湾内のクルージングを終わり、バヨルタ・マリーナに翌3月19日寄港。 その間,錨地停泊地の情報の多い所、全くない所併せて60数カ所に立ち寄り、楽しませて頂きました。
  • 振り返り推測しますと、特にアラスカ海域のセーリングを含め、よりミチクサの多さに呆れています。

この先クルージング海域を何処に?ハワイ経由日本へ?南太平洋へ直行?ガラパゴス経由南太平洋へ?。 
この画面は、迷った末、選択した経路。 カタカナの地名を振った所は、3月中旬バヨルタ・マリーナを出発後メキシコ領内で立ち寄った地です。 但しこれ以外にも、ミチクサの場所が数カ所あります。
s-Centl Map PNG



一般車両が無理な所でも,4輪駆動車でキャンピングにお出掛けのグループを見掛けます。
画像の説明



人里離れた錨地では、人跡まれな場所を徘徊するのも又楽しみ。
この様な短パンシャツでは、茂みに入るのは厳禁!
画像の説明



カリフォルニア半島以来、前後してクルージングしている,アメリカのヨットと共に。
小さな半島、続く岩場が外海からのウネリを防いだ、絶好の錨地。
画像の説明



錨地での釣りは,例外なく何処でも、生きの良い魚を恵んでくれます。
画像の説明



錨地の昼間は、アジ、アジに似た小魚が多く。 日本から,又は種類は少ないが現地調達のルアー、自作のサビキ仕掛けで楽しみました。
画像の説明



次2面:或るリゾートを、沖から眺める。
画像の説明


画像の説明



打ち合わせ済みの錨地へ続々到着。
左手前のヨットは,フジ・ケッチで、シアトルから中年夫妻がセーリング中でした。
画像の説明



この沿岸をセーリング中の錨泊で、この様に静かで、穏やかな夜は少ないです。
画像の説明



次6面:
内陸にメキシコ市からグァダラハラ市、メキシコ一番の人口密度の多い地域を持った海岸線は、リゾート開発が盛んで,既に出来上がった海岸地帯、進行中の開発地等、様々な姿を眺める事が出来ました。
画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明



少し辺鄙な場所、進行中の開発地も多く目にします。
此処は,交通の便が悪く、敬遠されていた場所に,静けさを売り物に開発が進んでいるとか。
画像の説明



このカタマラン艇、やはりシアトルから。 中年夫妻と男女の子供の4人旅。 ハワイ直行を断念して南へ。
画像の説明



礁湖ののような,錨地を見付け入って行きました。 入口付近です。
画像の説明



次3面:
外の錨地は,ウネリに悩まされていましたが,中は湖のようでした。
画像の説明


画像の説明


画像の説明



書物、雑誌などに紹介されている錨地は,多くのクルージング・ヨットが集まります。
画像の説明



時には,こんな場所にディンギーを着けて上陸します。
画像の説明



次4面:
海岸近くに並ぶお店。 
雑貨店あり、両替屋、長距離電話等 
画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明



この様に優雅に食事する事は希です。
画像の説明



バックにメキシコ市を控えた,便利な海岸は,落ち着けません!
画像の説明






a:1741 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional