海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

ミチクサ・セーリング メキシコの音楽に誘われ 下

ミチクサ・セーリング メキシコの音楽に誘われ 下

国際観光地アカプルコ,静かな湾内に広がる自然の砂浜の海岸線は、シーズンを問わず絶好の観光地,保養地。加うるに背後に首都メキシコ市との間には超高速道路が走る。 海岸地帯から背後の内陸部へ,強い需要に支えられ,未だに膨らむ観光都市。

ヨットで訪れると?
広い湾内に入り、右側はコーストガードの桟橋がポツンと。其処より左へ大きく円を描くように、素晴らしい砂浜を持つリゾートが延々と。

ヨットは? 湾へ入ると直ぐ左の小さい岬を,半円を描くように進むと、隅に押しやられた感じで,地名からは、期待を裏切る規模の小さいマリーナ。 他に、直ぐ近くに20隻余の繋留施設を持つ桟橋が1個所。 世界的な名声の地とは裏腹に,クルーザーは蚊帳の外、期待を裏切られます。

到着したクルージング ヨットは,これらマリーナの外側を取り囲むように錨泊です。錨泊,予約して機会を待てば,係留のチャンスはあるが,期待薄。 ただ燃料補給、水の補給は専用桟橋で用足し,困る事はありません。
ヨット関連の部品の入手は難しい。 自動車関連の部品店で、代用品を調達する必要も。
例えば、主エンジンに繋がる発電機用Vベルト、強い日差しの下で、探し歩く事2日間。タクシー、バス広い街の中で思はぬ労苦。ヨット相手のビジネスには興味がないよう。

画像の説明


クルーの体調不良で,お医者通いも。 慣れぬ土地で,言葉のハンディと共に時間が掛かります。
メキシコへ入港以来、特に食事の調理、真水の使用には注意してきましたが、思はぬ落とし穴が。お医者通いも放免、うきうき気分で帰路。 美味しそうな,絞りたてのフルーツ ジュース。 美味しく頂きました。 翌朝南へ向け出帆後、にわかに凄い下痢の始まり! 昨日のジュースが閃き! 油断でした。

アカプルコまでの土地柄は,観光地が多く,錨地でも静かな夜は、独特の音楽が流れてくる事がありましたが、アカプルコから南へ行くにつれ,未開発の地が多く、漁村などの風景が目に付くように、環境の変化がありました。


巨大な岩石が連なる磯は,長い海岸線に沿ったセーリングでは、初めてです。 磯釣り,ダイビングには魅力ある海域でした。
画像の説明



南へ進むに連れ、人工物は少なくなり,このような光景の海岸線が多くなります。
画像の説明



所々で見られる光景には,開発途上の土地が増えてきている感じを受けます。
画像の説明



あまり目立たない、小規模のリゾートハウスが,突然現れたり!
画像の説明



未だ手の入らない海岸、付近の山頂まで開発の手が伸びてました。
画像の説明



古い漁船、新しい漁船、古来の家、近代的な家、移りゆく時代の変わりを見せられた、漁村。
画像の説明



この漁村も,リゾート開発の波に呑まれかかっているようでした。
画像の説明



都市型生活へ変わりつつある、環境の変わりを目にします。
画像の説明



観光地化が進んだ所も,増えています。
画像の説明



魅力ある土地柄も、険しい自然の形相には敵わず? このような光景を見ると,日本の風景を連想させます。
画像の説明



次2面:
メキシコでも中産階級の人々が増え、その人々のニーズも増え、開発の凄まじさを感じさせます。
画像の説明


画像の説明



人家から離れた、静かな錨地も珍しくなくなります。
画像の説明



錨泊中のタカマミの一コマです。 強い太陽に、日除けは欠かせません。
画像の説明



南下すると、メキシコの領地は南北が狭くなり、北側はメキシコ湾,南は太平洋、その巾約300 KM。 両側の気象の違いが南側の湾岸海域の海況に,大きく影響します。
突風を伴う急激な海況の変化が、海難事故を起こしこの地方では恐れられた海域です。

この海域を、最短時間で通過してグアテマラ国境に近い,メキシコ最後の錨地へ向かう計画です。 この錨地で注意深く,湾を横切るたいみんぐを待ちます。 
画像の説明



次4面:
気象の変化に警戒してセーリング。 トローリングに大変珍しいカジキの一種・セールフイッシュが食い付きました。
意外と静かな海況で、2m余の大魚とのやりとりも楽で,撮影の余裕もありました。 
撮影後は,”2度とこんなルアーに喰いつては駄目!”と共にお別れです。約10日の間に,針は外れ魚には害は残りません。
その他回遊魚の獲物は多く、資源の多さを感じました。
画像の説明


画像の説明


画像の説明



2 M 越しこのサイズですと,ヨットでは1時間余のやりとりが必要です。 大きい背びれを広げた姿は見事です。
画像の説明



久し振りの,ナイトセーリングの末、目的地マデロ港の水路を進みます。
右へ入ると,メキシコ海軍の基地。 避けます!
画像の説明



静かな湾内で錨泊です。
画像の説明



次3面:
グァテマラ国境に近い最大の街。 街の風景をどうぞ!
色々の人種を見掛けます。
画像の説明


画像の説明


画像の説明



道草セーリングを楽しんだ,メキシコにお別れです。 CIと港湾事務所へ。
半年余楽しませて頂きました!
MUCHAS GRACIAS AMIGOS !! ADIOS AMIGOS !!!
画像の説明




a:1379 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional