海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

バハ・カリフォルニア半島西海岸を南下 Ⅲ

バハ・カリフォルニア半島西海岸を南下 Ⅲ マグダレナ湾

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

マークの場所は寄港地、通過地の一部です。

サンタマリア湾 -
マグダレナ湾 -
サン ルーカス岬 -



カリフォルニア半島南端迄、約300km弱の距離まで南下しました。
マグダレナ湾は大きく、地形が大変複雑、水深も要注意の水域が多く、湾内の奥水域は、うっかりクルージンは出来ません。
入り組んだ水路をディンギーで探索すれば、興味も一段と増します。 一方、砂浜の続きのような大地は野性味たっぷり。 迷い子になりそうな所です。 


多くの野鳥の観察、色々な魚釣り、住民の生活手段、興味は尽きません。
湾内は、強風が吹かない限り、ディンギーに乗り、1日、半日掛けて遠出できます。
画像の説明




1つの水路を抜けると、広広とした所、獰猛な動物がいないので、安心です。
画像の説明




更に次の水路。  変化があり、興味は尽きません。
前のディンギーは、アメリカからのヨットの友人・夫婦が共に遠出です。
画像の説明




次3面:
更にマングローブの茂る狭い水路を抜けます。
色々な生態にお目に掛かります。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




次2面:
色々な水路があり、それぞれ興味が尽きません。
画像の説明




画像の説明




広い水面へ出ました。 たむろする鳥の種類が違ってきました。
画像の説明




更に次の水路へ。 変化に富んでます。
画像の説明




陸地へ上陸してみました。 この様な植物が群生です。
画像の説明




アラスカ以来の友人夫妻と共に、遠出です。
背面は湾内の光景です。 外海ではありません。
画像の説明




この様な地層の連続です。
画像の説明




次2面:
湾内の海岸です。
画像の説明




画像の説明




湾の北側から延びる半島の内側、湾内に広がる村落。 この山の向こう側は太平洋です。
村の沖の錨地は、特に静かで便利な場所です。
画像の説明




村人の生活の一端を見ました。
漁から帰ったようです。
画像の説明




湾内の漁ですと、小型の船で十分なようです。 沖に錨泊している多くのヨットが見えます。
画像の説明




漁具が浜辺に。典型的な漁村の風景。 
画像の説明




漁具の整備をしている漁師を見掛けました。
蟹、ロブスターを捕る木製の漁具。
画像の説明




錨地の沖側から撮った風景です。
左は湾口の先端へ、右は本土と連なってます。
画像の説明




楽しい、思い出多いマグダレナ湾を、早朝に出発予定と決め、湾口に近い錨地へ前日移動しました。
向こう側のヨットは、やはり早朝出発予定の、友人のヨット・ハイホープです。
画像の説明


1つは、1日後の、サンルカス湾へ到着予定の時間を計算して。
1つは、今回のセーリング最大の課題、カジキマグロ・マーリンを釣り上げること。
どうなりますか?



a:1736 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional