海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

バハ・カリフォルニア半島東岸へ ムェルトス湾

バハ・カリフォルニア半島東岸へ ムェルトス湾

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

マークの場所は寄港地、通過地の一部です。

ロス フレイレス - この錨地は避けるべき所です。
ムェルトス湾 - 最高の憩いの場所
ラパス - 半島、東海岸の主要都市
サン ルーカス岬 -



北半球の冬の季節を逃れ、カナダ、北米のクルーザーが南へと向かいます。
サン ルーカスを通過する、ヨットの数は年間、 約140隻になるそうです。 思い思いのプランを抱いて。

  • バハカリフォルニア半島付近のクルーズの後、折り返し北上、母港へ帰る。但し、カリフォルニア湾内の北端、一番奥へクルーズするヨットは稀だそうです。
  • 当地から本土へ向かい、更に南下して、パナマ、ガラパゴス経由南太平洋又はパナマ経由カリブ海へ。
  • 当地から直接、マルケサス諸島経由南太平洋へ向かうヨット。
  • やはり一番多いのは、バハ カリフォルニア半島とメキシコ沿岸海域で冬を過ごし、折り返すヨットが一番多いようです。



タカマミは、東海岸の主要都市、ラパスに寄港の後、半島に沿い約500km程、ロレト付近まで北上。 湾を東へ渡り、本土沿いに南下する計画です。

カリフォルニア湾内の雰囲気、海域での生物の動態、特徴に興味を持った結果の、回り道です。


地図でお判りのように、北から、半島南端へ延びる主幹道路は1本だけ。 所々に枝分かれの未舗装の道路が走ります。 幹線道路が通る地域、沿岸では集落に出会いますが、その様な地域から離れると、野性味一杯の土地柄です。


サンルーカスから東へ、沿岸沿いに進むと、集落、パルミージャ。 此処までは海岸沿いに道路がありますが、この先はありません。
 沖を通過中です。
画像の説明




次2面:
道路の無い沿岸へ差し掛かると、ご覧のように、人工物、人家など見られません。
画像の説明




画像の説明




時間は昼近く、場所は半島に沿い、東向きから北向きになる沿岸へ差し掛かった頃から、北寄りの風が強くなり、海面は白ウサギの跳ぶのが、段々と増えてきました。 この風の向きはこの時間、この地方では卓越風です。
その様な海面上に、鯨のジャンプが見えます。
画像の説明




自然には逆らいません。 向かい風が想定よりも強くなったので、少し引き返し、浅い湾ですが北風の蔭になる、湾へ逃げ込みです。

その途中、直ぐ近くで鯨のジャンプ!

リゾートのホテルらしき建物が1軒のみ。 海岸近く、ブイに繋がれた船が2隻程だけの浅い湾。 揺られながら錨泊です。 ホテルの灯りが随分明るく、陸上へ未練を感じます。
夜半風が凪いできたので、目的地のムェルトスへ向かいました。
海面は静か、昼間の風が嘘のような状態です。
画像の説明




途中夜が明け、荒れた大地を左に見ながら順調に北上。 そうは行きませんでした。 太陽が高くなるに連れ、目的地が見え始めてから、風波が真正面から。 セールをリーフして凌ぎ、目的地のムェルトスへ無事到着です。

 この地から、ラパスまでは、早朝出れば1日の行程ですが、何日か強風の日々が続き、 多くのヨットが天気待ちでした。
画像の説明




この湾は余り深くはないが、満足できる静けさです。 到着後陸岸から写しました。
画像の説明




湾の先端へ行く途中、やって来た南方向を見ました。 懐の広い湾です。
画像の説明




低い丘の北側に、人影のない池が。 塩水池とか。 
画像の説明




湾の奥方向を見ます。 広い砂浜の先端の岩場に近い付近です。
画像の説明




湾の奥側には、漁期の終わり近くですが、漁師のテント村が賑わってます。
画像の説明




ヨットの錨泊は湾の先より。 向こうに湾を被う岬が見えます。
漁船が漁から帰り始末の後は、ご覧の通り野鳥の乱舞です。
画像の説明




この人は何してる? 貝掘り?
海岸の小石を取り除いているのです。 その訳は次の写真でどうぞ。
画像の説明




漁船が沖から、海岸へまっしぐら!
画像の説明




陸岸へ到着と同時に、船外機を跳ね上げるのです。
画像の説明



突進の様子をビデオでどうぞ

どの漁船もこの様に陸岸へ登ります。 水際から4~5挺身の距離ほどを、駆け上ります。
造船所の人達、 この様な使われ方を、想定してたのでしょうか?
画像の説明




漁獲は何?  磯魚でした。 
浜の先、岬の沖で漁をしてました。
画像の説明




湾の付け根辺りから、先を見ました。 様子がお判りで。
この漁船群、皆先程の要領で、登った漁船です。

浜の先磯の辺りへは、シュノーケリングの大きなグループが来て、楽しんでいることもありました。
画像の説明




漁民はこの様なテントで寝泊まり。漁船で移動、各海辺を移動しながら漁を続けているようです。 この時は冷凍車が来て、魚を運んで帰ってました。
画像の説明




漁から帰るとこの様な遊びも。 メキシコではよく見かける風景です。
画像の説明




湾の一番奥側に、写真では判別しにくいですが、バンガロー風の小屋を複数持つ、ホテルが1軒ありました。 大きくないサロンでテレビも据えられてました。

幹線道路から、枝割れした未舗装の道路が通じて、ラパスからは以外と来やすいとか。

見事な砂浜とお遊びの磯場、人気が少ない、静かな湾内は魅力一杯でした。
画像の説明





a:1694 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional