海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

バハ・カリフォルニア半島最南端 サン・ルーカス

バハ・カリフォルニア半島最南端 サン・ルーカス

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

マークの場所は寄港地、通過地の一部です。

サン ルーカス岬 -
ムェルトス湾 - 最高の憩いの場所
ラパス - 半島、東海岸の主要都市


サン ルーカス岬周辺図 ・ タカマミの寄港時に比べ、港内が一段と整備されています。
画像の説明
Google Map 衛星写真から転載




サン ルーカス岬は、南へではなく、東へ向かい岬が伸びてます。 結果として、港と東へ延びる見事な海岸が、海洋の荒波から守られ、貴重な観光地として栄えてます。


岬を回り、湾へ近付きました。 緑気のない背景を持つた、見事な海岸が見えてきました。
画像の説明




湾内へ入り、東側から、岬を眺めました。
画像の説明




港は需要の割に小さく、小型観光船、漁船、観光釣り船、半永住者の持ち船等で混み合い、係留の余地はないです。
到着後、港内を覗き見しました。 入口右側波止場を通過中。 塔の東側、右は静かで見事な砂浜です。
画像の説明




共同住宅、ホテル、別荘、など混み合ってます。
画像の説明




この通り、港内は設備も少なく、ある部分は混み合ってました。
画像の説明




港左側入口前の、水産加工場。 現在は操業してないようです。 かっては、周囲の海域からの豊富な魚類を材料に栄えたのでしょう。 が今は観光地には似合わない、光景でした。 此処でも栄枯盛衰は?
画像の説明




海岸沿いのホテルが設置、管理する2ヶペアーの係留ブイが多く設置されてます。 安いので利用しました。 前後をブイに係留、方向を固定すると、時に入ってくるウネリで、横揺れを起こしません。
大型観光船の錨地を避け、静かな所に設置されているので、自分で錨泊するよりも、便利で安全です。 
? お土産は ? 係留している時から、寄ってきました。
画像の説明




次5面:
1日、友人達と共に、ディンギーで、岬の観光へ出掛けました。
サンルカス岬の、自然の造形美? をどうぞ。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




岬の途中に、岩場を二分するように、砂浜が有り、格好の遊び場所を提供してくれます。
ネコの頭上には?
画像の説明




サンルカス以外の、メキシコ国内からの観光船を見掛けます。
画像の説明




自然は色々の光景を、見せてくれます。
画像の説明




カリフォルニア海流の影響でしょうか、寒流系の動物を見掛けました。
画像の説明




何処まで続く? 中には何かある? ひょっとしてお宝? ・・・
画像の説明




カリブ海、アラスカ、サンディエゴ・・ 幾度となく見た観光船を此処でも見掛けました。
観光客は? 小型船で岬の観光、殺伐とした陸地の観光 などへお出かけの様子です。
画像の説明




陸地から、タカマミの係留姿と、岬を望む。
画像の説明




次2面:
ヨットの上に人影が見えると、すかさず近寄ります。 悪い習慣が付けられてるようでした。
画像の説明




画像の説明




陸上の散策です。 港内奥側の様子をどうぞ。 側のクルーザーはチャーター用の釣り貸船です。 この様な種類の船が多いです。
画像の説明




入口を見ます。 この付近に、燃料、水補給の場所がありました。
画像の説明




ホテル、集合住宅、貸別荘などのテラス続きで、整備された沿道もあり、又一部の沿岸には、屋台、土産物売り場が並んでます。
画像の説明




海岸通り側へ出ると、ホテルの近くはよく整備されてました。
画像の説明




海岸通りの先、東側海岸です。 この沿岸沿いに、バハ巡航へ向かいます。
手前のヨットがタカマミ。 
画像の説明




海岸通りからの岬方面を見ました。 滞在中、殆ど海洋性のウネリは入ってきませんでした。
画像の説明




同じ時刻の頃、東を望む。
画像の説明




カボ サンルカスへ別れを告げ、 バハ海域巡航へと出発です。
岬の岩石の奇形と姿は何時までも残ります。
画像の説明





a:1990 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional