海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

エスピリツサントス島 と パルチィダ島

エスピリツサントス島 と パルチィダ島

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

  • 地図上、右上の 地図+写真 を選ぶと島が見えます。

マークの場所は寄港地、通過地の一部です。

エスピリツサントス島 - 西海岸側がクルージング海域
パルティダ島 - 干潮の時はエスピリツサントス島と繋がります
ラパス - 半島、東海岸の主要都市



概略の位置をどうぞ。 詳しくは上図、Google Map の拡大で願います。
画像の説明



エスピリツサントス島の西海岸は穏やかな海面の日々が多く、岸辺の散歩、探索、潜り、釣りなど、湾を移り替わりながら退屈することなく過ごします。


段々と島の北へ移ると、エスピリツサントス島の北岸とパルティダ島に囲まれた、地方第一の安全で、広い湾があります。 両島は満潮の時は数メーターの水路で別れますが、干潮になると地続きとなり、同じ島かと、思わせます。


湾の入口には、漁師小屋が並び、周辺に出掛ける基地になっているようです。 湾が広く安全ですので、多くのヨットが集まり楽しみます。 スーパー・ヨット クラスのヨットも楽々停泊できる湾です。特にラパスから近いので、多くのヨットはこの海域辺りまでクルージングの後、東のメインランド 西海岸へ向かうようです。


湾へ入ってきました。 右がエスピリツサントス島で 左側がパルティダ島です。
画像の説明




浜辺の中央部に漁師小屋があります。 この近くに両島を分ける水路がありますが、今は干潮で干上がってるようです。
画像の説明




ヨットは西側に停泊です。 一日東海岸へディンギーで探索に出掛けました。 満潮の時は、悠々と水路を通過して、東側へ出られます。 ご覧のように東海岸は、岩だらけの海岸続きです。
画像の説明




エスピリツサントス島の東海岸です。 西海岸側と全く感じが違います。
画像の説明




パルチィダ島側の光景です。
画像の説明




パルチィダ島側の先端近く。
画像の説明




ご覧の通り、険しい限りです。
画像の説明




最先端近くへ行きました。 西側に比べ海岸まで険しく落ち込んでます。
画像の説明




西海岸側へ帰り、湾内の探索です。 湾内南寄りから、の光景です。
画像の説明




湾内は広く、場所により、色々の光景に出会えます。
これ誰かが、持ってきて置いた、感じでした。
画像の説明




上手いことバランスが取れてます。 強風の時、大丈夫かと、ネコは心配。
画像の説明




湾内、エスピリツサントス島 側から。  右端がタカマミです。
画像の説明




少し窪んだような地形の所には、緑の草木が繁殖です。
画像の説明




ネコが呟いてました。 これ何処かのお庭のような風景とか。
画像の説明




やはりメキシコを思わせるような光景でした。
画像の説明




湾内左奥の海岸は丁度干潮の時間。 浅いところに小魚が群れてました。 人影がないと中型の魚も。
画像の説明




近くで湾口の方角を見ました。 ご覧のように湾は深く、安全です。
画像の説明




湾の入口近く、パルティダ島側にある漁師村。
此処を基地に、周辺の海域へ漁に出掛けてる様子です。
画像の説明




湾口の近くに、良い磯場があり、磯魚を狙い出掛けました。鮮魚には不自由しません。 夜は、アンカーライト(停泊灯)を点けると、アジ、サバなどが釣れます。
画像の説明




湾内は静かですので、海中散歩も楽です。 ついつい長すぎ、冷えるのでご覧のように、スーツを着ます。
画像の説明




海岸から海中へはいると、適当な岩石があり、興味ある磯でした。 多くの貝を集め、貝柱の御馳走になりました。
残念なことが1つ!?
この時期ロブスターは禁漁です。 ダイビング道具を着けて、潜っている連中、違反している人を見掛けます。 彼らの、ロブスターの隠語は”ラビット”です。 捕獲後、海中で始末、身だけ持ち帰る様子です。
画像の説明




停泊中の皆さんが集まり、浜辺でバーベキュー・パーティーです。
それぞれ来し方、予定など話は尽きません。
画像の説明




楽器が持ち寄られ、にわか演奏会です。
芸達者の人もいらっしゃいます。
画像の説明


この湾を最北端として、南へ帰るヨット、メキシコ本土へ向かうヨット、ラパスへ後帰るヨットなど様々です。
タカマミは、更に北上します。





a:1592 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional