海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

グレイシャー湾  湾内クルージング Ⅰ

グレイシャー湾  湾内クルージング Ⅰ

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

マークの場所は寄港地、通過地の一部です。

グレイシャー湾口、バートレット、事務所の位置 - 奥行き100km、枝分かれの先に多くの氷河
グレイシャー湾 - 国立公園・内へ入るには、前もって許可と、湾に入る前に、管理事務所と無線連絡が必要。



レインジャー基地と公園管理事務所に必ず立ち寄り、色々の注意すること、熊、ブラウンベアーとブラックベアーの生息地、多くの野生動物、意外と少ない湾内の安全な錨地、速力は10ノット以下など、細かく教えてくれました。
湾口から、一番奥の氷河までは約100km余り。 何カ所にも枝分かれ、その先に氷河がある構図です。 奥行きが広いです


次の写真は、事務所内の説明用の図面です。 
この画面には、氷河の前面が後退していった、年代も記入されてました。 現在何処へ行けば、より良いかなども判ります。
画像の説明




湾内の雰囲気などお伝えするのは難しいです。環境などをどうぞ。
画像の説明




奥へ入りかけた東側に、干潟がちらほら。 多くの野鳥を観察です。 
但し航法を疎かにすると、事故を起こします。
画像の説明




この様なツンドラのような土地に、動物を見掛けます。
画像の説明




山裾の付近、昔氷河が流れ、独特の形状に。
画像の説明




この海底の底も氷河の流れ道。
画像の説明




この様な水路を進む時は浮かれてきます。
画像の説明




商用の観光船は、レジャーボートの許可数とは別枠だそうです。
見掛けることは少なかったです。
画像の説明




迷い子、ヨット?にならないよう、海図と照合、確認作業は欠かせません。
画像の説明




この様に小さい水路もあり、お好みに応じ寄り道します。
画像の説明




天気により、感じが全く違います。
画像の説明




これから向かう方向です。
画像の説明




後ろを振り向いても、入口は見えません。
画像の説明




ご覧のように、同じ湾内でも、山の様相が違います。
画像の説明




次2面:
今日は無風で、海面に映る、山影、雲の様子が微妙です。
画像の説明


画像の説明




次6面:
爽快さと、好天気に浮かれ、ディンギーを降ろし、グレイシャー内の山々をバックに機走するタカマミです。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




目的の錨地迄は近く、天気も良し。 ネコは洗濯物干し!
画像の説明




次3面:
翌日、接近予定の氷河の近く、 事務所のご推薦錨地の側で見渡しました。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




他に2隻のヨットが、既に錨を下ろしてます。
画像の説明




ディンギーで出掛けて、写しました。 微かに見える3隻の内、一番右端にタカマミがいます。
画像の説明




この位置です。 遠くの雄大な雪山が見事でした。
明日はあの山の麓の氷河へ向かう予定です。
画像の説明




直ぐ近くの岸辺です。 この地域は、ブラウンベアー・ヒグマの生息地とのことで、上陸はしません。
画像の説明




よく観察すると、岸辺に小鳥。 草むらの付近では、小型の動物がいました。
画像の説明




干潮になり、無風ですと見事な、風景画です。
画像の説明




タカマミの錨泊姿です。 夕方近くなり見事に晴れ渡り、風景が一変です。
画像の説明




画像の説明




今日クルージング中に見掛けた鯨です。 方々で見掛けます。
雄大な山が背景では、大きい鯨も小さく見えます。
画像の説明





a:1400 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional